ファンタジア

世界が騒ぎだした あなたを愛したから

トンチキは沼への落とし穴♡ #非NEWS担に聴かせたいNEWSカップリング曲10選 #にゅすほめ




どうもどうも、NEWS担です。




NEWSの楽曲といえば?



「あ~あ~あれでしょ?深夜バスとかガンジス川のほとりで綺麗な女の人に一目惚れして求愛してワンナイトラブに持ち込むあれでしょ?」


とか思ってるそこのあなた!!!(誰も言ってない)



ざんね~~~ん!!それは沼への落とし穴でした~~!!(うざい)


という話をこれからします。



真面目なこというと、NEWSがテレビで歌ってる姿を見てNEWSに興味をもった人が手に取るCDは、かなりの確率で通常盤だと思うんです(私調べ)。そして通常盤には、必ずといっていいほどカップリング曲が収録されている。



つまり、トンチキなNEWSの曲を聴いた後についででカップリング曲を聴いたそこのあなたは、NEWSの素晴らしいハーモニーに恐れおののきいつの間にかNEWSのファンに~ということです!!(どういうことだよ)



(カップリング曲たくさんあるので、今回はチャンカパーナ以降のシングルから厳選します)




1.フルスイング

チャンカパーナ カップリング》
新生NEWSを語る上では外せない1曲。
もはや、秩父宮で行われたコンサートの本編ラストのフルスイングは、NEWS担のみならずジャニヲタ全員の伝説になっている。「誰もが涙なしでは見ていられないフルスイング」「あの手越が泣いたフルスイング」といった感じである。

フルスイングは、歌詞も声も真っ直ぐで澱みがない。4人が一生懸命で魂がこもっていて、なのに歌声はどこか爽やか。
この曲を聴くと、2人の脱退からNEWSとしての活動が本当になくなってNEWSがどうなっていくのかも4人がどうしていくのかもわからなくて不安でそれでも復活を楽しみにしていたあの時を思い出します。NEWSがチャンカパーナをリリースすることやベストアルバムを発売することを発表したところからシングルがリリースされてツアーがはじまって色んなテレビに出て…という過程が蘇ってきます。4人の笑顔が、泣き顔が、歌っている姿が頭に浮かびます。
フルスイングはこれからもずっとNEWSにとって大切な、4人のための応援ソング。





2.Quntastic!

WORLD QUEST カップリング》
あ、どうもQuntastic大好き芸人です。この曲を初めて聴いた時、繰り返し5回は聴いたと思われます。(知らない)
この曲のなにが良いって、息がつく暇もないようなメロディと、そのメロディに乗せられた女の子にウキウキしちゃう男の子の心情を描いた歌詞。歌割りはコヤシゲが割と多めの印象だが、コヤシゲだからこそ出せる男の子の男の子らしい感じというか、なんか女の子とのデートの帰りに夜道で1人スキップしてそうな感じ!!女の子に対する好きが止まらない感じが聴いてて楽しくなってきますね。





3.WORLD QUEST [R-midwest Remix]

《ONE -for the win カップリング》
私は正直、シングル曲なんかのリミックスってあんまり好きじゃないんです。リミックスして変にクラブっぽくするんだったら原曲のままで良かったと思いがち。
でもWORLD QUESTのリミックスはその偏見を大きく覆してきました。これは、音源で聴くよりもコンサート映像と共に見てほしくてたまらない。(とゆうことで、さっさとWHITEのDVD出してください)
コンサートの中で、映像で遊んだり照明で遊ぶことはよくあることなんですが、この曲は手越祐也の声で遊んできた。これが出来るのはNEWSだけ、手越祐也だけなんじゃないかと思いました。コンサートで聞いた時は感動というか興奮しました。鳥肌もんです。
増田ラップもとんでもなくかっこいいことになってるので、リミックス苦手な方も是非一度ご拝聴ください。







4.君がいた夏

《ONE-for the win- カップリング》
故郷を離れ都会に出ていた主人公が、久しぶりに故郷に帰ったきてあの頃恋をしていた女の子に会う物語。
この曲はNEWSでは珍しく、シゲが歌い出しをしている。そのため、私の中ではこの曲の主人公はシゲである。
四人の歌声がとにかく優しい。まっすーの歌声は女の子を大切に思う気持ちがそのまま表れているし、慶ちゃんの高音はより切なさを高める。祐也くんはあざとさがありながらも優しい。
大人になった4人じゃないと歌えない、大人のラブソングかなと。






5.バタフライ

《KAGUYA カップリング》
君がいた夏の続編と思われるこの曲。
君がいた夏で登場した女の子目線の歌詞です。歌割も君がいた夏と同じというところもポイント。
夢を追いかけている彼を遠くから応援する切なさが詰まっています。
4人の歌い方が君がいた夏よりもさらに優しさが増し、女の子目線なんだなっていうのがよくわかります。
ぜひ君がいた夏とセットで聴いてください。





6.勿忘草

《KAGUYA カップリング》
これを聞かずしてNEWSを語るな!!(大袈裟)と言いたくなるような超超名曲(主観)。
この曲の特徴としては、まず一番しかないということと、ひとりひとりがパートを歌い継ぎ、4人で歌うところが1箇所もないこと。
全員がそれぞれの歌詞に想いを乗せて魂がこもった歌声が聞けます。やっぱりテゴマスの歌声はさすがだなと。まっすーから始まり祐也くんで終わる歌割も安定感があります。
とにかくいいので聴いて(急に投げた)





7.TOP OF THE WORLD

《KAGUYA カップリング》
私的コンサートでぜひとも歌ってほしい曲ランキング暫定1位。(口癖)
曲が始まった初っ端の祐也くんの歌声にとにかく震える。痺れる。
NEWSお得意なサッカーソング感があって、多分サッカーのために作られたんだろうとは思うけど爽やかさとcoolさが聴いてて疾走感がある。




8.永遠

四銃士 カップリング》
四銃士は一応DVDなんですが、『DVDシングル』なので入れさせていただきます(お辞儀)。
聴いた瞬間、祐也くんの歌声に「やばいよやばいよ!!」と出川さんみたいになってしまったこの曲。
祐也くんの高音が美しく切なく、心が揺さぶられます。
なにかのドラマか映画かアニメでもいいから主題歌になって世の人々に知ってもらわなきゃいけない!と危機感みたいなものすら感じました(?)
生で聴いたら涙が止まらなくなるで賞受賞曲です。





9.星の旅人たち

《ヒカリノシズク/Touch カップリング》
おそらく『銀河鉄道の夜』をイメージして作られたんだろうと思われる曲。
曲から冬の寒い夜空が想像出来て、4人と一緒に星空を旅したくなります。銀河を駆け巡る汽車に乗ってどこまでも続くレールをたどりたくなります。
流れ星に願い続けるよりも、自分たちの手で夢を掴もう。優しくてキラキラとしたメロディの中に力強い意志も隠れています。





10.whis・per

《ヒカリノシズク/Touch カップリング》
whisperは【囁く】といった意味らしい。その通り、囁くような歌声がとても心地よい。
この曲は、加藤シゲアキのソロ曲に曲調が似ているように感じます。(気になる方は加藤シゲアキのDream Catcherをお聴きくださいどうぞ。)
シゲの囁くような歌声に存分に酔いしれます。
そしてなにより、祐也くんの歌い方がすっごく曲に合ってるんですねぇ!!(大声)これを聴くと、「祐也くんの歌って素晴らしいなぁぁ(泣)」と泣きそうになります(末期)。
曲がとにかくオシャレです。コンサートでハット被ってキレキレに踊ってるところがみたい。ダンス頑張って(=_=)







ということで10曲語り尽くしました!!!


ほんとはもっと他にもカップリング曲あるし、なんならもっと昔の曲も語りたい(;;)アルバム曲もたくさんあるし(;;)と私の心が叫んでるんですが。



お気づきかもしれませんが、祐也くんの歌声を褒めすぎました!!(自覚あり)いや、ほんと、他担当の方には申し訳ない気持ちで一杯です…。(しくしく)




これを読んで「この曲気になる!!」と思った方はぜひCD借りてください♡なんなら買ってください♡






そして大切なお知らせ…



NEWSが3/9にNEWアルバム「QUARTETTO」を発売します!!イエーーイ!!!

\イエーーーーイ!!!/



コンサートに向けて素晴らしい曲盛りだくさんです♡(たぶん)(どんな曲かはNEWS担もまだ知らない)




アルバム聴く準備はできてんのかっ!!

\イエーーイ!!!





アルバム買う準備はできてんのかっ!!

\イエーーイ!!!



アルバム買うお金はあんのか!!

\イエーーイ!!!/





ということで!!!


買ってください!!!