ファンタジア

世界が騒ぎだした あなたを愛したから

10月7日

 

 

 

 

迂闊だった。

 

 

 

 

 

少プレで秋の空を見たときから、「今度LIVEのDVD見よう」と思ってて、でもなかなか時間なくて、今日たまたま金曜だし時間あるし見よーって思って、ディスクを入れて再生しようとした時に気付いた。

 

 

今日は10月7日だ、と。

 

 

10月7日は、山Pと亮ちゃんがNEWSを去ることを発表した日です。

 

あれから5年が経ったんだ。なんだかとても昔のような気もするし、でも2人がいたNEWSは私の記憶の中にまだ鮮明に残っていて不思議な気持ち。

 

 

10月7日は、2人が去った日であり、4人のNEWSになった日であり、6人がNEWSという名前で同じステージで歌うことはもうないのだと決定づけられた日。

 

 

だからこそ、今日見るのもいいかなぁとも思いました。

 

ということで見ました。

 

 

 

まず、この4曲(5曲)の選曲が本当にひどい(褒めてる)。春夏秋冬になぞらえた選曲で、さくらガール、サマタイ、秋の空、スノエクに、Forever。

 

 

 

 

 

これは6人のときのさくらガールを聴く度に思うことなんだけど、私は6人の声が合わさったさくらガールが好きだったんだなって思った。4人のさくらガールも大好きだけど、山Pと亮ちゃんの声に溶け合う4人の歌声がすごくさくらガールに合ってたなぁ。てごちゃんの「♪散りゆくから〜」のパートをてごちゃんの隣で頷きながら聴いている山Pを見て、1年前くらいの雑誌でテゴマスの歌を褒めていた山Pのことを思い出して、てごちゃんの歌を長い間身近で聴いていた山Pがてごちゃんの歌を良いと思ってくれてたんだなぁということが嬉しくなった。

 

 

 

 

SUMMER TIMEのときに、すっごく亮ちゃんがニコニコ楽しそうにまっすーやシゲと目合わせながら歌っていて、「え!こんな可愛い亮ちゃんが詰まっていたなんて!」って。最近また関ジャニの中にいる亮ちゃんを見るようになって、最近の亮ちゃんの風貌は前髪を上げてヒゲを生やしたワイルドな風貌で、亮ちゃんもおじさんになったなぁ(笑)なんて思っていたのだけれど。NEWSの中で歌っていた亮ちゃんの表情は偏見かもしれないけどすごく優しい顔をしていて、こんな亮ちゃんが好きだったなぁと思い出した。6人で久しぶりに会ったことを「楽しかった」と真剣な目で言ってくれたところや、いじらしい顔でいう冗談や、全てにNEWSが大好きな気持ちが映っているように感じて、「こんなにNEWSのこと好きでいてくれたんだなあ」って嬉しくてじわじわ涙が溢れた。そういう曲じゃないのに、明るい曲なのにね(笑)。

 

 

 

 

テゴマスを真ん中に置いた並びで歌う秋の空は抜群に美しい。この話何回目って感じだけど、秋の空を歌うてごちゃんの声がすごく大好きで、この時から失恋ソング歌うてごちゃんは天下一品だったね。亮ちゃんの秋の空を歌う表情も好き。1番と2番のサビを赤チーム青チームに分けて歌っているのも好き。あと、秋の空のピアノを一生懸命やってる亮ちゃんが初めて見たときから好きだったなぁ。あれ、こんなに好きなものたくさんあったんだ。

 

 

 

 

あの幻想的なイントロ聴くだけで胸がざわつくのはなんでだろう。SNOW EXPRESSは本当に大切な曲。そして、山PはSNOW EXPRESSが本当に似合う。山Pが歌うスノエクが大好きだし、山P抜きのスノエクなんて!くらいの過激派だった私。6人のスノエクは美しかったし強かった。その象徴が山Pだった。今の山Pを全然知らないから申し訳ないんだけど、6人の中でふふふって笑っている山Pがすごく可愛かったなぁって思う。あんなに美しい顔してるのに変な顔したり変な動き出したり変な声出したりしててごちゃんやシゲにつっこまれてる山Pが可愛かった。

 

 

 

 

6人の話の中心にはシゲと慶ちゃんがいて、2人がいたから4人は安心してニコニコしていたんだよなぁとか、まっすーと肩を組む山Pとか、シゲやまっすーやてごちゃんに笑いかけながら歌う亮ちゃんとか、亮ちゃんの歌の質問に答えるてごちゃんとか、私の大好きだった6人のNEWSの空気感は確かにそこにあった。あとから慶ちゃんやてごちゃんから聞かされる「あの頃は仕事のこと以外話をしていなかった」という言葉にすごく心が痛くて、私の好きだったものに自信がなくなってしまうこともあったけど、やっぱり私はあの頃好きだと思ったものを信じる。どこかよそよそしさもあったけど、溶け合う声が切ない6人が私は好きなんだ。

 

 

 

時々、亮ちゃんと山PとNEWSが一緒に歌うことになったらと考えてしまう。山Pが少プレに来たらどうなるのかなとか。考えたってしょうがないし、6人にもう1度なんて思っていないのに。そう思うのは、私が6人までの楽曲が本当に大好きで、まだコンサートで歌っていない曲も沢山あるのに、どうしてこんなに素敵な曲たちを残して去ってしまったんだろうって気持ちからが大きい気がする。これからどんどん大人の男になっていて、一つの曲からもたくさんの色を見ることが出来たんだろうなとかね。

2人がやめていなかったらどうだったんだろうとかとも考えちゃう。メンバーが4人になるという経験がなければ今のてごちゃんもまっすーも慶ちゃんもシゲもないんだろうけどね。

 

 

2人が抜けるということになったとき、「どうして」と後悔の気持ちがあった4人。前を向きながらも、これからも心のほんの片隅で後悔を抱いていくのかな。それならそれでいいと思うんだ。ファンも、NEWSも、ずっとその後悔を背負っていこう。6人だったNEWSも、6人だった頃の楽曲たちも、今のNEWSも、全部背負って、TEPPEN目指そう。