ファンタジア

世界が騒ぎだした あなたを愛したから

しょうれんはしょうれんだもの。





ジャニーズにはシンメというものが存在し、オタクの萌えポイントの一つになるわけですが、シンメにも様々な形があって。信頼し合う仕事のパートナーだったり、プライベートでも仲良しの親友タイプだったり、もはやお互いを知りすぎている熟年夫婦タイプだったり、腐売りの恋人ラブラブカップルタイプだったり。私は中でも、仕事のパートナータイプが好きです。

仕事のパートナーと聞いて真っ先に思い浮かぶのがテゴマスであり、私の自担が手越祐也であるからこのタイプのシンメにトキメキを覚えるのですが、最近しょうれんコンビも仕事のパートナータイプになりつつあるのかなと感じています(しょうれんをシンメと呼んでいいのかは微妙なところではあるが)。

そのように感じるようになったのは、キンプリになってからかなあと思います。そもそも、キンプリ結成前のしょうれんをそこまで詳しく知っていたり調べていなかったこともありますが、関西2人で東京で闘うということで2人の仲は周りが気づかぬうちに、もしかしたら本人達も気づかぬうちに深くなっていたのではないかと思います。まいジャニでふたりが出会った最初の頃は、どちらかというと廉くんの一方通行気味の愛に、人たらしなしょおくんが付き合ってあげていたという印象があります。世渡り上手で器用なしょおくんと、ツンデレとか言われてるけど実は人見知りで不器用な廉くん。この2人のやりとりは微笑ましいなあという感じでした。二人とも天然なのも可愛らしさの1つでしたよね。でも最近は、ただの仲良し2人組ではなく、関西が誇る最強シンメで、東京Jrを食っていると思っています(偏見あり)。


東京にはジグ岩という圧倒的な人気(私調べ)を誇るシンメがおりますが、ジグ岩コンビはいちゃいちゃラブラブがファンから大人気でそれも2人がわかった上でやっているんだなあと思います。そこがしょうれんとジグ岩の違いだなと。しょうれんはいちゃいちゃラブラブの腐売りはしないし、需要がないことも自分たちが一番わかっています。2人が雑誌でも言っていましたが、自分たちがほっぺにチューとかしたら気持ち悪いと(笑)。確かに想像したら、あれ?なんか違くね?ってなりますね。ここらへんはテゴマスに似てるなと思います。テゴマスもらじおで、「雑誌の取材とかで手繋いでって言われるけど、なにがいいのかさっぱりわからない。やってみるけど、写真見てみたらあれ?変じゃない?ってなる」と。

近頃Jrくんたちを多く見るようになって、中高生のファンはBL風を求めていて、それに応じるようにいちゃいちゃラブラブするJrくんたちが多いなと感じます(東京Jr)。もちろん、それが悪いとは言いません。ファンに求められることをするのがアイドルだし、何したって目立ったもん勝ちな世界だと思うから。でも、みんながみんなそれをしたら、それはそれで目立たないよね。そのことに最近岩橋くんは気づき始めたのかなあと思います。神宮寺くんをライバルと位置づけたり、いちゃいちゃするのはファンが望んでいるからだと発言してみたり。岩橋くんについてはまだまだ語りたいことがあるので、別の記事で話したいなと思ってます。
一方、しょうれん(Mr.King )はいちゃいちゃではなくリアルDKっぽいわちゃわちゃ感がBL感がなくさわやかで好感もてますね。
しょうれんはお互いを「話さなくても考えていることがわかる」「二人一緒が当たり前」な関係と言っています。関西を離れて頑張っているふたりが、こうやってお互い支えあっているんだと思うだけで涙が出てきます。キンプリ公演のMCでも、2人が助け合っているということがわかりました。廉くんはしょおくんの天然ボケに任せている部分は大きかったと思うし、しょおくんも廉くんのツッコミがあるから安心して話して天才的なボケを言うことができます。しょおくんも廉くんも(特に廉くんが)、関西から来たんやからお笑いも頑張らな!と2人で頑張って、キングコーナーが面白いものになっているんだなあとも感じました。

Jr内のグループって、出来ては消え出来ては消えの繰り返しですよね。だから、安定のシンメと安定のファンが欲しい。みんな必死だし、それがJrを応援していて楽しいのだと思います。Jr黄金期ともいわれる今、いつまでも「二人一緒が当たり前」なしょうれんが続いて欲しいなあと心から願っています。